節分厄除星祭り

開催日:2月2日(夜~)・3日

節分厄除星祭り祈祷護摩供

人は皆、生まれ年の気をうけ 今年の当たり星が決まります。
本尊倶利伽羅不動明王の御宝前にご家族の 開運厄除祈願を厳修し、
厄病悪鬼を追払い七難即滅、七福即生、出世開運のご祈願を賜ります。
厄除けコンニャク接待(無料)是非ご来山ください。

初不動祈祷会

開催日:1月27日・28日

27日(日・夜)深夜11時より受付いたします。
本尊倶利伽羅不動明王の御宝前にてご参拝の皆様の厄除、家内安全、合格祈願など様々な願いを託します。
28日(月)13時より身代わり不動前広場にて「初不動・古札お焚き上げ」が柴燈護摩にて厳修されますいたします。
・無病息災ぜんざい接待(無料) 午前9時より 無くなり次第終了

2018年 年の暮れ。

開催日:12月吉日

今年も残すところあと少し。

台風・地震などの大きな災害に見舞われた2018年。

しっかりと心に留め置き、来年が素晴らしい年になるようお祈りいたします。
七宝瀧寺は元旦の準備で大忙しです。皆様の、素晴らしい新年のスタートになればと頑張っております。
新年祈願護摩供は大晦日23時より行われます。
正月三が日は福引やあめ湯の接待も
ありますので、皆様のお参りをお待ちしております。

納め不動         難切り不動尊祈願祭

開催日:12月2日(日)

一年間ご加護をいただいた御護摩札を焚き上げる儀式が行われます。お焚き上げされた御護摩札は、智慧の炎の中に返され、感謝の祈りが捧げられます。難切り不動・出世稲荷・白長辯才天などの、各所をめぐり師走の納め法会が行われます。

燈明ヶ岳峯供養

開催日:11月18日(日)

犬鳴山の裏行場より燈明ヶ岳での大護摩と葛城八番経塚・天狗岳への参拝をいたします。
中世、泉州の漁師は燈明ヶ岳の護摩の火を目印にしたという言い伝えがあります。
一般参拝の方は、山登りが出来る装備・服装でご参加ください。
本堂を法螺貝の音を響かせ9時頃に出発を予定しています。

南海沿線七福神祈願祭

開催日:11月4日(日)

南海沿線七福神まつり 柴燈大護摩供と火渡り厳修。
南海沿線七福神の社寺が一同に犬鳴山七宝瀧寺に集結します。
各社寺の御朱印を頂ける事もあり多くの参拝者が訪れます。
同日は紫燈大護摩供と火渡り厳修がとり行われます。

御朱印受付9時より
護摩供11時より
火渡り厳修12時30分より

是非、ご来山ください。

友ヶ島入峯修行護摩供

開催日:10月21日(日)

大師報恩日

 

国内最古の行場、葛城二十八宿。
その法華経序品が眠る友ヶ島に渡り、俱利伽羅不動明王社に於いて、柴燈護摩供を奉修いたします。
友ヶ島汽船(加太港発)午前九時に出発予定です。

(出発時刻は友ヶ島汽船までお問合せくださいTEL.073-459-1333)

現地にて法要の受付をいたします。
是非お誘い合わせてご参集ください。

いけばな嵯峨御流創流    一二〇〇年 大柴燈護摩

開催日:10月14日(日)

平成三十年(二〇一八年)は、旧嵯峨御所大本山大覚寺、華道嵯峨御流のご始祖である嵯峨天皇が、弘仁九年(八一八年)の春、大干ばつから全国に疫病が蔓延したことから、弘法大師さまの勧めにより、般若心経を写経なされ、勅封(封印)として奉安し、国民の安泰を心から願われたことから、疫病はたちまち治まり、大いなる功徳を得られました。
書写された弘仁九年(八一八年)が戊戌(つちのえ・いぬ、ぼじゅつ)の年であったことから、干支が一巡して戊戌が巡り来る60年ごとに勅使によって開封され、『戊戌開封法会』(ぼじゅつかいふうほうえ)として皆さまにお披露目され今回は二十回目の戊戌という吉祥なる勝縁を迎えます。
般若心経浄書と時期を同じくして、「いけばな嵯峨御流」は、嵯峨天皇にはじまる由緒正しい「皇室の花」として創流一二〇〇年を迎える。
『戊戌開封法会』の期間中の十月十四日(日)に真言宗犬鳴派管長・いけばな嵯峨御流最高顧問 東條仁哲大僧正猊下を護摩大導師に迎え、人々の平安と共に、いけばな文化の発展を祈願する大柴燈護摩を、大覚寺大沢池の畔において厳修いたします。
皆さまのご参拝をお待ち申し上げます。

護摩大導師       真言宗犬鳴派管長 東條 仁哲
祈願法会日       平成三十年十月十四日(日)
祈願法会開始    午後二時から
会   場         京都市右京区嵯峨大沢町4
大本山大覚寺「大沢池横 心経宝塔前」
お問合せ         犬鳴山 七宝瀧寺
お電話               072-459-7101
(午前9時~午後4時まで)

彼岸法要 先祖供養

開催日:9月23日(日・祝)

仏教で「彼岸」とは向こう岸に渡るという意味です。迷いのこの世「此岸」(しがん)から、川の向こうの悟りの世界に渡るために教えを守り、行いを慎むのが本来の彼岸の意味です。

ご先祖様に手を合わせ感謝し冥福をお祈りいたしましょう。
法要は旧護摩場の近く、霊光殿で行われます。

ボケよけ不動祈願法要

開催日:9月9日(日)

四臂不動明王さまに心身の健康と韋駄天さまに足腰の健康を祈願いたします。
足腰の健康だけでなく、スポーツの向上などの祈願も受付を致します。
ナンキンの接待あり。(無料)
是非ご来山ください。